放浪したりマンガ読んだりゲームしたり。魔が差すとやる気になるも基本のんびり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【ペルソナ2 罪】PSP版 その後

南条君とレイジに会いました。
南条君はあいかわらず服のセンスが心配です。レイジは、本人には悪いけど髪型は似合ってるよ。
そしてアリスが最強でした。いやー、もう全滅するかと思った。

そして廃工場は迷った迷った。おかげでマテリアルカードが集まりました。低レベル悪魔からもカードが欲しかったのでエストマ使えないのは少し鬱陶しかったけど。それ以前に、あとはシアターで終了しようと思っていたのにカード集めて新しいペルソナ召還しそうな勢いなのは何故なんだ(笑)。
タロットカードも集めるのが面倒になってきて、悪魔から話しかけられてもちゃんと交渉しないで適当にいろいろ試していたのですが、栄吉と淳の2人で選択したら栄吉の歌に淳のキーボードが加わってライブステージがグレードアップするのね。その芸の細かさに関心しました。前回の日記で「栄吉は達哉と一緒にお笑いでも」などと書いてしまったけど、淳はこのままキーボードやればいいよね。

シアターは「カリスマの教室」は移動が面倒でした。エストマ使っているのに面倒というのは、かなり面倒です。通常の長いストーリーの一部としてなら、これくらの長さのクエストでも気にならないけど、このクエストだけ単独だと移動の煩わしさの割に中身が薄く感じられるので、全体のバランスというのは大切なんだなと思った。
「ペルソナ泥棒」は、ウェイランド君の老け顔が衝撃すぎる。これも移動が面倒だったけど、ナナシとべラドンナが参加してきたあたりはちょっと感動。まさかの最後にキャラに話しかけられるとは思わなかったので、こちらはびっくり。番外編としては意外と面白かったかも。

実はゲーム始めて最初の頃、行き先が蓮華台と平坂区とシアターしか表示されないときに1度シアターに行って、なけなしの大金1000円をはたいて「カリスマの教室」をやったですよ。1000円払ったら残金が300円くらいしかないというね(笑)。それで出てきた悪魔にいきなり瞬殺されたという痛い過去があったので、強くなったらリベンジに行こうと思い続けていたんだよおお。リベンジ果たせて良かった良かった。強くなりすぎたけど。

本編の感想としては、人生やり直しができたら苦労しないんだぞ、と。
ていうか、それをオチにしちゃダメだと思うのよ。まだ「罰」をやっていないのでなんとも言えない部分はあるけど、結局のところ過去を乗り越えているんだかいないんだかわからないままだし。そのへんが「罰」で描かれているなら2作で凄い上手いバランスだと思うけど。
全体的には、子供の残酷さとか、それぞれが背負うものの重さを比較的きちんと描いているので、ストーリー自体は「女神異聞録ペルソナ」よりよくできていると思う。だけど過去って、そんなに全員が都合良く忘れられるものなのかという疑問もある。

話は「罪」の方が面白くても、ゲームとしては「ペルソナ」の方が面白いという、やっぱりゲームの面白さはゲームのシステムが大きいというのも、今更だけど衝撃の事実。
ゲームってやっぱりゲームなんだね。ずっとストーリーが優先だと思っていたけど、FFとかストーリーとゲームのバランスが絶妙すぎて気にしたことなかっただけかも。

せっかくだから、もう少し強いペルソナも作ろうかな。マテリアルカードもあるし。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ペルソナ2罪
ジャンル : ゲーム

2011-05-07 : ペルソナシリーズ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

NH

  • Author:NH

  • 海外放浪が好き。マンガとゲームも好き。
    お茶の国でもメニューにあればコーヒーを注文して、不味いインスタントコーヒーに異国情緒を感じるお年頃。お茶も好きです。
    音楽が好き。猫も好き。写真は撮ったり撮らなかったり。
    気がつけばゲーム日記。こんなはずでは……。

    【注意】ゲームは普通にネタバレしています。




ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。