放浪したりマンガ読んだりゲームしたり。魔が差すとやる気になるも基本のんびり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

【PS版 罰】モナドマンダラ

モナドマンダラに辿り着きました。
シャドウ克哉とシャドウうららが共にレベルアップしていると栄吉が目覚めて向こう側を思い出すとあったので、思い出したときの様子を見たいと思ってレベルアップさせたのですが、とくに向こう側の描写が入るわけでもなかったのね。
シャドウ克哉の弱点が水撃と氷結、シャドウうららの弱点が地変なので、とりあえずマカカジャかけてブリザードブレスを吐いていれば難なく勝てます。
この時点のレベルは達哉が65で、それ以外は62。

シャドウパオフゥとシャドウ舞耶は、向こう側の描写がはいらないとわかったのでレベルアップさせなかったから、それ以上にあっさり勝利。一応、シャドウ舞耶がメディラマ持っているのでシャドウ舞耶から。ヒューペリオンのトリプルダウンが結構なダメージを出してました。
実は断罪の界の扉の一つを通るためにファリードゥーン(LV70)を召還させるまで、レベル以上のペルソナは召還できないと思っていて、試しに召還したらできてしまって初めてレベル関係なかったことを知りました。
この時点で達哉が68、他のメンバーは65です。

ここでセーブして月に吠えるもの(たぶん弱・中・強の「中」)は、中だと疾風が弱点なので、これはもうあっさりと勝利。しかしニャルラトホテプは強かった。HP18000なので持久戦は覚悟していたけど、それ以前にメンバーの瀕死が相次ぎ回復が追いつかないまま全滅。
このときに必要だと感じたのが魔法攻撃無効または反射で、とくに暗黒だけでも無効または反射できれば一撃瀕死は免れるかなと。それとメディアラハンも必須。

そんなわけで新たにペルソナを召還して、鍛える旅に出ました。
行き先は、それまでほとんど行ったことない春日山高校。ここで唯我独尊を入手してシャカ(LV29)を召還したのですが、これがまた打たれ強いしレベル低いから消費SPも少なくて大活躍。追加はメディラマだったけど、この時点でメディアラハンのカードがあれば最強かもね。所持魔法が破壊の稲妻なので、必然的にメインの攻撃の一つは合体魔法のサンダーブラスト。回復じゃなく他の攻撃魔法を追加しても良かったかもしれない。

そして再度の挑戦。
レベルは達哉70で、それ以外は68です。
回復のメインは暗黒系を反射するナンナル(LV73)のメディアラハン。ナンナルは火炎、水撃、疾風、地変のダイン系を所持しているので、大量の回復のないときは合体魔法で応用がきくのも便利でした。火炎のタワーインフェルノがかなり強力だったかな。
加護の舞をかければば回復はメディアラハンだけで十分なので(まったく回復の必要ないターンも多かった)、補助の必要ないときの舞耶は、魔法攻撃を反射のイシス(LV62)で合体魔法。
それとサマリカーム持ちのペルソナにこだわると合体魔法が難しくなるので、瀕死の回復は全て反魂香にして大量に持参しました。一撃死がなかったので、それほど使わなかったけど。
マハマカカジャをかけるために、マカカジャ持ちでは、暗黒系無効のセト(LV68)と、同じく暗黒系無効のプロメテウス(LV61)とか。

面倒なのが這いよる混沌の魔封で、最後の頃は連発されました。これは素直に回復しないまま瀕死になったほうが解除されたりするのですが、シャカは本気で打たれ強すぎてほとんどダメージないので1人しか瀕死じゃなかったけどエターナルデザイア使いました。魔封もリフレッシュリングで解除されるのかな。そのリフレッシュリングを持っていたのがシャカ(変異魔法)というオチもあります。やっぱり予備でもう1つくらい持ってたほうがいいね、ファリードゥーンとか。

そして、ついに終わりました。
この日記には攻略のことしか書いてないけど、周防兄弟は可愛かったです。最後に達哉が向こう側に帰るところは、さすがに悲しかったけど、パオフゥは良いこと言ったよね。このゲーム自体も大人が主人公で、大人も悪くないと言ってる気がした。
女神異聞録パーティは、ピアスの少年が帰ってきたのかな。
一応ストーリーが知りたくてここまではやったけど、実は地味に忙しいのでエリールートとエクストラダンジョンはPSP版が出てからやります。

いろいろ切ない話なのに、ゲームの達成感のほうが強くて申し訳ない状態ですが、ラスボス倒すのにレベル29のペルソナがいちばん打たれ強かったとかね、やっぱりゲームのシステムが凄い面白いのです。どのペルソナを選び、どのカードを追加して、どの悪魔と戦うかという、その選択肢の多さが凄い魅力だと思う。
最近のゲームはハイスペックのハードで映像の美しさが目立ったりするけれど、ゲームとしての楽しさは別のところにあると、しみじみ思ったゲームでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 女神転生・ペルソナ
ジャンル : ゲーム

2012-04-14 : ペルソナシリーズ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

NH

  • Author:NH

  • 海外放浪が好き。マンガとゲームも好き。
    お茶の国でもメニューにあればコーヒーを注文して、不味いインスタントコーヒーに異国情緒を感じるお年頃。お茶も好きです。
    音楽が好き。猫も好き。写真は撮ったり撮らなかったり。
    気がつけばゲーム日記。こんなはずでは……。

    【注意】ゲームは普通にネタバレしています。




ブログ内検索

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。